理事長 新井 孝

民間企業2社で32年間主に
営業業務に従事。
2003年 株式会社日本環境マネージ
メント研究所を設立。
中小企業に向けて環境マネジメント
システムの支援・審査を行い、
EMS普及に努める。

20数年前、私の親友が39歳で亡くなり、一人残されたお母さんは夫と 一人息子を弔いながら暮らしていましたが、同じ頃隣家の住人が亡くなり、相続者に利用の必要性がなかったため、そのまま放置され時間とともに荒廃していく空き家に最後まで悩まされ続けました。
所有者に連絡しても全く受け入れてもらえず、塀を超え生い茂る樹木、不審者の侵入に果ては1メートルを越える蛇の出現を目にしたショックで体調を崩し、以来高血圧症に苦しみ、脳梗塞で最期を迎えました。
この体験がNPO立ち上げの動機となりました。
社会問題となった空き家問題ですが、所有者の事情も様々で、一元的な解決策は難しいと考えます。しかし、何よりも誰もが望む快適で安全なまちづくりの阻害要因であることは間違いありません。
NPO法人として、所有者、地域住民、行政のニーズに民間事業者のノウハウを吸い上げるネットワークを作り、効果的な解決策を提供することを目指したいと願っています。

理事 岩橋 淑行

2008年4月 太陽ハウス株式会社
社長就任。同社は1980年の創立当初か
ら、地域社会の発展を事業活動に据えて
おり、2001年からは様々なテーマを取
り扱う「地域貢献大学」をスタート。
また、毎年秋に行われる「感謝祭」には
地域住民も多く集い、松戸の名物行事
にもなっている。

松戸市内で当社が請け負った工事現場の近くに空き家が数件あり、その庭が雑草で覆い尽くされ、すぐ傍の通学路を小学生たちが歩いていました。安全な道を通学している筈の子供たちに迫る環境の悪化が 大変心配になり、それがきっかけで「空き家問題」の調査を始めました。
調査を進めると、外壁や屋根瓦、バルコニーの損壊が激しい家や、塀が道路側に傾いている家など倒壊の恐れのある家が多く見られました。
また、空き家への不法投棄でゴミのたまり場になり、悪臭など衛生面の問題や、放火など犯罪の温床になるような家もありました。
今回、当NPO法人を立ち上げるにあたり、空き家問題を重大な社会問題と捉え、行動することが地域貢献に繋がると確信しました。
また、私の仕事が「新しく家を建て、そこに住んで頂く仕事」であるため、図らずも新築が空き家発生の原因になっていると感じた事も設立の強い動機です。
太陽ハウスの経営理念に「地域の人々に信頼され、地域社会に必要とされる会社の実現」という一節があり、今回のNPO設立は、 その具体的な実践の大きな一歩になります。

正式名称 特定非営利活動法人 空き家安全管理ネットワーク
住所 千葉県松戸市新松戸1-405 ラフィーヌ池田5番館102
電話番号 (TEL)047-321-6566 (FAX)047-710-8470
理事長 新井 孝
設立 平成26年8月11日
認証 平成26年7月23日 千葉県生文指令第630号